蒼の真実



<   2004年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧


俺の過去=バスケ編其の四=

僕の学校では冬休み、大阪へと遠征に行くこととなってました。
1年のときにもあったのですが、
僕は行くことは出来ませんでしたから、
今回が初めての大阪遠征でした。

大変情けない話ですが、
我が家はお世辞にも裕福とは言える家庭ではなく、
もちろんこの5万円も
かなりの痛手になったに違いありません。
僕はあらかじめ、
大阪遠征の内容を予期していたのかもしれません。
母には、
「家計が苦しいなら僕は行かなくていいよ」と何度も言っていました。
ですが母は決して楽ではない家計から5万円を出してくれました。

内容は散々でした。
遠征には5万円かかっていたのですが、
僕が試合に出ることが出来たのはたったの5分でした。
それでも得るものがあればよかったのですが、
当然O先生は僕には何一つ話し掛けずに終わりました。
何一つ得るものもなく帰宅した僕には、
母への罪悪感しかありませんでした。
「もう、辞めようか。続けても意味がない、
5万円、いやバスケで迷惑をかけたお金を全て働いて返そう。
それが僕に出来る最善だ」
冗談ではなく、そうとしか考えられないほど、
O先生が、そしてバスケが嫌いになりました。
大阪遠征は、僕をとどめの一歩手前まで追い込んでくれました。
最後の一突きは意外と、いえ、当然のようにすぐ訪れました。



大阪遠征の次の日、それは訪れました。
どうやら、
作戦盤(フォーメーションの確認に使うもの)がなくなったとのこと。
僕は試合中でしたが、部室や考えられる全ての場所を調べました。
結果は、どこにも見当たらず、なくなったということになるでしょう。
監督にその旨を伝えると、しょうがないから買ってこいとのことでした。

ですが、やはり買ったあと見つかってはお金の無駄なので、
最後の確認をしていました。
そこに、O先生は現れました。
そこでは僕に監督から何を言われたかを聞かれました。
僕は言われた通り、買いに行けと言われましたと答えると、
「無駄なことなんかしなくていいからすぐに買いに行け!」
と顔を真っ赤にして怒鳴られました。
見つからなかったから無駄だというのは分かっていますが、
何故そこまで言われるのか、
そして、分かっていることを
何よりO先生に言われたことが腹立たしく思えたのです。
その瞬間、僕の中の何かが音を立てて切れました。
恐らく、張りつめて張りつめて、
くたびれきっていた、そんな糸のようなものが。

切れた糸は不思議なほど耐えていたものだったのでしょう。
なぜ、あの言葉で糸が切れてしまったのかはよく分かりません。
ですが、やはり限界だったのでしょう。
「解ったよ、買いに行けばいいんだろ!」
僕はそう言い残し、その場から背を向けました。
肩に掛かっていたトレーナーを地面へ投げつけました。
その瞬間、O先生は激昂したのでしょう。
恐らく、僕の態度に。そして、僕の存在に。
「言いたいことがあるなら言え!
文句があるなら来いよ!かかってこいよ!」
この言葉に対して、一時的とは言え急に冷静になれました。
トレーナーを拾い上げ、一言こう言いました。
「自分に腹が立っているだけです」と。

半分本当で半分嘘でした。
こんな人間に
本気になってキレてしまった僕に腹が立ったのは事実でした。
反面、これ以上事を荒立てたくないと言う気持ちも
本心だったでしょう。

O先生は僕の返答に満足行かない様子で
何か僕に向けて叫んでいましたが、僕は聞き流して歩いていきました。

みんなが僕のところに来ました。
話を聞くと、1人O先生に蹴られたと聞きました。
途端、申し訳なさから、そして迷惑を掛けたことで涙が溢れました。
「もう責任を取って辞めるしかない」
そうとしか考えられなくなり、何人かに止められましたが、
監督のところへ僕は1人で行きました。
「このようなことがあったので、
今回の件全て責任を取って辞めさせてください」
監督は少し驚いた様子でしたが、審判の当番が入っていたので
「後で話をしよう」という話になりました。

試合が全て終わった後、僕は監督に呼ばれて話をしました。
監督は落ち着いてこう言いました。
「作戦盤をなくしたのはお前の責任だがお前の所為じゃないし、
誰もお前を責めてはいない。
確かにお前がO先生にそういう態度を
取ったことは褒められる事じゃない。
そういう点を踏まえて、
お前が責任を取って辞めると考えることも不思議じゃない。
だけど、この先の人生で壁にぶち当たることもあると思う。
その度に今みたいに責任を取って辞めても
お前は前に進むことは出来ないよ。
そういうのはバスケにも言い換えられるんじゃないのか?
ミスをしたらどこか他のところでミスを取り返そうとする、
それがバスケってものじゃないのか?
今までやってきたことはそういうことだろう?
俺が言ったことを考えて、もう1日よく考えて見ろ。」

監督はお世辞にも上手くない、
そしてチームの足を引っ張ってしまった僕に対して
優しい言葉をかけてくれました。
僕はこの監督の下でバスケが出来ると言うことが
いかに幸せなことなんだと再認識出来ました。
僕ら控えのことも見てくれている、
そう思うことで心が楽になりました。

その後の控えのミーティングでO先生は僕の取った行動を
「逃げ」と言いましたが心には何一つ印象として残りませんでした。
それはきっと、
言われた言葉の意味が理解出来なかったこともあるでしょうが、
最初からO先生の話を聞く気がなかったことと、
監督から言われた言葉が
いかに僕にとって支えになっていたかということを
示していたように思います。

監督から言われた言葉のお陰でしばらくは頑張ることが出来ました。
ですが、チーム状況は最悪でした。
結局O先生の俺に対する態度は何一つ変わりませんでした。
チームのため、と思って僕がした行動もやはり気に入らないのでしょう。
行動もですが僕の存在を否定したかったのでしょう。
それが如実に現れたある出来事が起きました。
[PR]
by endlessdream0814 | 2004-12-30 22:44 | 思ったこと

俺の過去=バスケ編其の参=

O先生は控え組の練習を見るようになりました。
新入部員の教育、指導係も、
控え組のリーダーも僕は外されてしまいました。
外されたというか、恐らく僕のことが気に入らなかったのでしょう。
僕がそれまでしていたようにみんなに指示を出すと
「偉そうに言うな」
「自分が出来るようになって言え」
僕が先輩から受け継いだ練習メニューを始めようとすると、
「勝手に始めるな」
「そんな練習は意味がない」
「お前が楽したいだけか」
などと、僕の言うこと、やることなすこと全てが気に入らないようでした。

それからと言ったもの、控え組が練習試合をしたとしても
僕は出ることが出来なくなりました。
だけど、O先生が控え組に対して言うことには
「声がない」。
僕を出せばレギュラーチームより声を出す自信はあるのに…。
僕はもう何がなんだか分からなくなりました。
何を信じていいのか分からなくなりました。

それからは僕ら控えはお世辞にも団結しているとは言えませんでした。
何故なら、明らかにO先生に対してゴマをすった人間が
O先生の推薦でトップチームに入ったり、
練習試合に数多く出場するようになったからです。
僕は練習試合というと休みだと勘違いするくらい、
練習試合の日が楽でしかたなく、
そして、とてもつまらなく思えてきました。

僕以外にも出せてもらえない仲間は何人かいました。
その仲間も多少のずれはあるものの
当時は置かれた状況に対して不満でしょうがありませんでしたが
当時の僕たちに何か決定的な打開策があるわけではありませんでした。
ただ一つ、ゴマをすらなければいけないこの状態は
おかしいとしか考えられませんでした。
そのような状況ではやる気が出るはずもなく、
自然と態度が乱れてきても不思議ではありません。
そんな中でも(表面的とは言え)
態度を乱れさせることなくやっていた僕らは
どこか壊れていたのかも知れません。
いえ、ある意味凄かったのかもしれません。

だけれど、僕を取り囲むバスケの環境は
1年前とは明らかに変異しました。
僕は練習中何一つ声をかけられることがなくなりました。
僕は練習中何一つ声を出さなくなりました。
僕は試合には全く縁のない人間になりました。
僕は練習が苦痛でしょうがありませんでした。
そんな日が一体何ヶ月続いたでしょうか。
僕はバスケットボールと言う競技そのものが嫌いになりかけていました。
[PR]
by endlessdream0814 | 2004-12-29 21:24 | 思ったこと

俺の過去=バスケ編其の弐=

高校二年生になりました。
バスケ部に新しい顧問が来ました。(ここでは仮にOとします)
O先生から受けた最初の印象は「いい人そうな感じ」でした。
でも、その印象は次第に、いえ、突然崩れ始めていきました。

監督は審判や監督としても優秀らしく、
しばしば練習を見られない日が増えてきました。
当然そう言うときはO先生が練習を見ていました。
そこでみんなが感じたことは、
『監督とは違う。やりにくい、そして意味がない練習だ』
僕が感じたことは『退屈で意味のなさそうな練習だ』でした。

練習中O先生はあることを言いました。
「声を出しても意味がない」
僕はショックを受けました。
他の人より何倍も頑張って声を出していたから、
だから監督の目につき、そして試合にも出ることが出来たのに、
その一言で、僕がやってきたバスケを全否定された気持ちになりました。
そして、最も信頼し、尊敬している監督さえも否定されたように感じました。

僕ははっきり言って下手でした。
それを補うために、誰よりも声を出し、
チームを盛り上げていくことが俺の仕事だと思ってました。
もちろん監督も僕にそのように言ったことがありました。
「声を出しても意味がない。」
この言葉は、
僕にバスケをするなと言うようにしかとらえることが出来ませんでした。
僕が信じていたバスケは嘘だったのでしょうか。幻だったのでしょうか。
[PR]
by endlessdream0814 | 2004-12-28 12:11 | 思ったこと

俺の過去=バスケ編其の壱=

頑張りに頑張りました。きついときにも声を出して頑張りました。
その結果上手くなりました。もっと声が出るようになりました。
もっと頑張ればもっと上手くなれるかもって考えるようになりました。
もっと頑張ろうって思うようになりました。
頑張れば頑張るだけ監督の目につきました。

当然評価が上がり、試合にも出ることが出来るようになりました。
初めて出た試合ではその人にいいところは何一つ見せることが出来ず、
むしろ情けない内容でした。
次の日からさらに頑張ろうと思いました。
僕が頑張ればあの人はきっと僕を見てくれる、そう思ってました。

頑張ったけど、試合には出てそれなりには活躍したけれど、
やっぱりあの人は僕を見ていませんでした。

僕は勇気を出して告白しましたが、当然のように振られました。

頑張るに頑張ったけど監督は面倒見のよい僕の性格を見透かしてか
新入部員の教育係兼指導係、
自動的に控え組リーダーを俺にさせてくれました。
新入部員の教育係指導係と重要なことを任されて
嬉しかったのは事実でした。
だけど、この辺りから、僕のバスケが狂い始めていたのかもしれません。
[PR]
by endlessdream0814 | 2004-12-27 11:33 | 思ったこと

俺の過去=バスケ編前置き=

【前置き】
俺は中学高校計6年間バスケをずっとやってきた。
バスケは好きだし、
この先も暇を見つけたらバスケやってるんじゃないかなと思う。

情けない話だが俺はものすごく太っていた。
肥満ね。
身長140CMで体重50キロだったのな。
大したことないじゃんって思うかもしれないけど、侮るなかれ。
大掃除のときに俺の過去の写真を見ると、
「誰?こいつ」って母に真顔で聞いた俺がいる。
(現在の顔も当時の顔も晒しません。悪しからず。だって両方キモいし)
両腕両足はぶくぶく、顔も丸々として、将来は横綱ですかと。曙かと。
当然そんな俺が痩せるには何らかの運動をしなきゃいけなかった訳だ。
俺の中で候補が挙がる。野球、かなと。
甲子園で目立てるとかそんなくだらないことしか考えてなかったかも。
まぁ、デブでもそれなりに力があれば
試合に出れるって考えがあったからかも。
そこで友人が俺を誘うわけですよ。
「バスケ、痩せるぞ」ってね。
『痩せるぞ』…今思うとこの一言がなければバスケはやってなかったかも。
まぁ正直最初はきつくてきつくて。
新入部員の練習なんて野球部の玉拾いに匹敵するほど退屈ですよ。
最もバスケの場合はそこを頑張った奴は上手くなるんだけども。
当然、ここを退屈と言った俺はそれなりでしかないわけですが…。
練習しててやっぱ12年間運動と言うものをやってきたことない俺には
上手くなろうって考えが少々酷だったのかもしれないが。
それでも楽しかったよ?先輩はいい人だし、実際強かったし。
まぁ中学のときはそれこそ控えの王者でしたよ。
ベンチから離れることのほうが珍しいってことぐらい…><

高校を決めたのは俺の学力と希望がばっちり一致したところに行った。
そこには俺が目標とする先輩がいたのね。
その先輩ぐらい上手くなりたいって、そう思って受けたのよ。
1年の最初はそれこそ死にそうだった。
まだ走るの?お前ら疲れないの?って感じでさ。
一人だけ置いてけぼり食らってる感じがしたのよ。
でも、頑張ってついていった。
やっぱ途中で投げ出すのは嫌だったし、上手くなりたかった。

その間に一人の女性と出会いました。
その人もバスケをしていて、お目当ては俺じゃないが、俺の学校の試合をよく見に来てくれてた。
いつからか俺はその人に惚れて、
試合を見に来てくれているその人にいいところを見せたかったのよ。

それからかなぁ、きつい練習も全てあの人から誉めてもらうためで、
頑張れば頑張っただけあの人から誉めてもらえるって。
今更ながら考えると情けない話だよなぁ。かなり動機が不純だし。

~続く~
[PR]
by endlessdream0814 | 2004-12-26 01:57 | 思ったこと

お詫び。

はいはいどーも蒼真です(=゚ω゚)ノ

今日はさっそく本題へ。
・・・の前にコメント返信です。
【コメント返信】(訪問多謝♪)
>>みぃ様
えぇ、分かります。全く同じ感じでした。
PCの前に座ってるときにもやらなきゃって思ってた。
でも。行動出来なかった。
やっぱり、自分の中でバスケットを占める割合が
PC>バスケだったんだと思う。
頑張ろうって思っても毎日は続かないのよ。
まぁ、俺の過去についてはまた今度書くとしましょうか。
結構悲惨だけど、結構熱い話かも(´ー`;)ゞ

>>elfaria様
えーと、最初に1つだけ。

うまいことも何一つ言えませんが、
申し訳ありませんでした、と。

----------ここから本題-----------
17日の記事に関して、お詫びを申し上げます。

俺のNEETに対する認識は
「働いたら負けと思ってる」人のことを指すと思っていました。
しかし。
実際調べたところによると、
【Not in Employment, Education or Training】
「職に就かず、学校機関にも属さず、
就労に向けた具体的な行動をしていない」若者を指すようです。
その点の認識違いについて、
先日の記事で多くの方に不快な気分にさせてしまったことを
ここに、深くお詫びいたします。

→にリンクを追加しました。
リンクと言いながら俺のブックマークだったり。
[PR]
by endlessdream0814 | 2004-12-20 21:45 | 思ったこと

目標と意志と行動。

はいはいどーも蒼真です(=゚ω゚)ノ

最近後輩の面倒を見に部活に行ってるから結構バテバテだったり。

まぁ基本的にうちのバスケ部はかなりキツイです。
死ねます。逝けます。
俺も練習中一度本気でぶっ倒れました。

じゃあ何故そんなになるまでするのか?
その答えはたった1つ。
勝ちたいからなのよ。

偉そうに人生はこうだ、って言えるような人間じゃないけど
少なくとも俺が生きてきたこの時間の中では、
何らかの目標を達成するのには
多少なりとも犠牲を払う必要がある。

例えば、バイトも時間を犠牲にし、賃金を得る。
バスケなら時間と快楽を犠牲にし、強さを得る。

色々例をあげればキリがないけど。
つまりはそーいうこと。

例外として、犠牲を払わずに目標を達成することが出来る人が
いるのかも知れないけれど、あくまで少数。

人生は何事かを為すには余りにも短く、
何事も為さぬには余りにも長い。

このことわざがあるように、人生には何らかの目標が必要不可欠。
目標を達成するには、何らかの犠牲が必要不可欠。

だけど。

犠牲を払えば必ずしも目標を達成出来るワケじゃない。
そこは悲しいけど事実なのよね。
犠牲の中にある行動がそもそもの根幹を成している。
行動によって目標は達成される。


今、社会じゃNEETだっけ?
働かない若い人が増えてるらしい。

お前さん、社会を舐めんなと。

働きもしない人間が、
何らかの恩恵を受けるって言うこと自体あってはならないこと。
社会に何らかの形で貢献するから、
社会も何らかの形で恩恵を与えるのだろう。

いい加減目を覚ませよ、と。

国に対して何一つしないくせに、国からの恩恵を受けるなと。

NEETは恐らく人生に対して目標がない。
だからこそ、意志もなく、自分の意見もなく、
もちろん行動なんて出来るわけがない。
まぁ、人の人生に対してとやかく言うことはないが、
将来年金を納める立場からすると、
あんなのには納めたくないなと。

何事も成さずにはあまりにも長いのが人生だ。
それをどう過ごすか、あまりの長さに当惑するかも知れないが、
もし、自分の道を見失ったのなら。
もう一度、夢や目標をしっかりと心に焼き付けろ。
自分に出来ることがそれしかないなら。
自分を変えてしまいたいなら。

【コメント返信】(訪問多謝♪)
>>みぃ様
心がキレイなのかなぁ?(ぇ
まぁそんなこと言われたことないので(´ー`;)ゞ
>>ゆみ様
「何が何でも俺が~」っていうのは性格上、結構無理。
なんだろ、常に一歩引いたスタンスで
物事を見るくせがついてしまったからかなと。
やっぱ、どーしてもどっちの幸せを取るかっていうなら、
相手の幸せを取ってしまうんじゃなかろうか。
例え寂しくとも、ね。
[PR]
by endlessdream0814 | 2004-12-17 01:35 | 思ったこと

君のそばに

ボクは 君が思っているほど

強くないし

優しくないし

意志も堅くないよ。

だけど こんなボクでもいいのなら

ボクは 精一杯君を守りたい。

ボクは 精一杯君を支えたい。

そして こんなボクでいいのなら

いつまでもずっと 君の側にいるよ。

いつまでもずっと 君の味方でいるよ。

ボクに出来ることは ただ それだけだから
[PR]
by endlessdream0814 | 2004-12-16 01:15 |

男は強がり?

はいはいどーも、蒼真です(=゚ω゚)ノ
今日は都合上コメントの返信から行きます。
【コメント返信】(訪問多謝♪)
>>Le Pucelle(14) 様
(14)とリンク先でやっとわかったですorz
1つだけの願い事で2つ願っちゃったのは、
きっと俺の日頃の行いがいいからです(ォィ
まぁ、語呂の関係上っつーか
俺の中では、
笑っていられる=幸せ
だから、1つとして取ったりしたのよ(´ー`;)ゞ

>>みぃ様
俺以外の男がどうだかは分からないけれど、
とりあえず俺の考えを今日のテキストとしましょうか。

少なくとも俺はよく言うんだ。
「好きな人が幸せになってくれれば…」ってね。
自分とは結局結ばれることのない運命なら、
自分よりもっとふさわしい人と幸せに、って。

でもね、これって単なる強がりなのよ。
男ってのは結構見栄っ張りで、
好きな人の前じゃ、弱い自分を見て欲しくない。
だから、最大限強がった上の台詞が出てくるわけ。

そりゃあ、みぃさんが言う通り。
自分の好きな人が自分以外と楽しそうってのは、
はっきり言って辛い。
出来ることなら、今、あなたのそばに居たい。
だけど、敢えて一歩引いたそのスタンス。
「好きな人が幸せになってくれれば…」
これを盾に、大人な自分をアピールする。

とにかく、好きな人に対して、徹底的に弱い面は見せたくない。
そう思わせることがきっとそんな行動を取らせてしまうのかも。
[PR]
by endlessdream0814 | 2004-12-15 00:51 | 思ったこと

たったひとつだけ

たったひとつだけ 願いが叶うなら

どんなことでも 願いが叶うなら

ボクは きっとこう願う。

「ボクの大好きなあの人が いつまでも笑っていられますように。

ボクの大好きなあの人が 幸せでありますように。」

たったひとつだけ 願いが叶うなら

ボクは きっとそう願う。
[PR]
by endlessdream0814 | 2004-12-14 01:33 |


管理人の日々の出来事やコラム(?)や詩を。
巡回先サイト様
RPG板ウォ(゚∀゚)チィ!
(思わず納得のRPGの話)
プラッチック
(抱腹絶倒の面白さ)
泣ける2ちゃんねる
(たまには泣いてもいいよ)
ハイになりませぅ
(クラマスゆみたんのブログ♪)
ShootingStar
(我が師匠のブログ!)
Take it easy
(パンヤ的軍曹ブログ!)
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧